大分 夜勤専従看護師

老健で急変があった時の看護師の役割は?どんな風に対応するの?

私の働く老健には、100名の利用者さんがいます(´・Д・)」

 

高齢者、基礎疾患をもつリスクの高い利用者さんが100名もいるわけですから、急変も多いですね( ;´Д`)

 

急変があった時は、ナースが直ちにバイタル測定、全身状態を観察します。

 

たとえば、血圧が急に下がって一時的な意識消失などもよくあります。

 

血圧の低下だけであれば、下肢挙上など行い様子をみます。

 

血圧が異常に高値な時は脳梗塞も疑います(´・Д・)」

 

また、発熱の有無、脈拍数や脈の緊張、血中酸素濃度、血糖値、呼吸状態、嘔吐の有無、下痢の有無、胸苦、肺雑音、グル音など観察す、考えられる状態を判断します。

 

状態を施設ドクターに報告し、指示をうけます。

 

必要に応じて、吸引や酸素吸入、輸液確保など行います。

 

施設で対応出来ないと判断された場合は、緊急受診か救急搬送します(´・Д・)」

 

施設にドクターが常勤しているといえども、土日や夜間はドクターが施設内に不在になります。

 

ドクターが施設にいる時間帯であればいいのですが、急変が起きるのはたいてい、ドクターの不在時なんですよね( ;´Д`)

 

だから、ナースの役割は大きいんです。

 

利用者さんのそばに付き、状態観察や、対応を行いながら、必要物品を介護士に指示をだし準備してもらいます。

 

心停止がある時は、直ちにAEDを使用し、心臓マッサージを行いながら救急車の到着を待ちます。

 

夜間は、呼び出しナースが待機しているので、駆けつけしてもらい救急車に駆けつけてもらいます。

 

こういった一連の流れを、看護師は冷静に行う必要があります。

 

他の利用者さんたちにも、不安感を煽ることのないよう配慮しながら行わなければなりません(´・Д・)」

 

ナースの迅速な観察と判断が、急変した利用者さんの予後を左右します。
だから、看護師は経験が多ければ多いほど役にたちますね(^o^)