大分 夜勤専従看護師

年収600万円欲しい看護師さんへ

年収600万円というと、女性の給料ではかなり高額ですよね。
でも、最近では、情報サイトなどで、そのような高額の仕事がよく目に付きます。
元々、大学病院というのは給料が高いですよね。
年収600万円というところも沢山あると思いますよ。
大学病院以外にも、公立病院や国立病院も基本給が高いので、狙い目だとは思いますよね。

 

でも、これらの基本給が高い病院というのは、はっきり言って仕事内容はかなりハードですよ。
特に大学病院などは、それなりの医療技術や知識が必要になるし、肉体的にも精神的にも大変です。
スキルがあり体力にも自信がないと、なかなか勤まらないと思いますよね。
大学病院には、難易度の高い患者さんが沢山入院しています。
新しい医療技術もどんどん取り入れられているので、常に勉強していないと、仕事にとてもついていけません。

 

そのような激務の職場以外で、年収600万円稼ぐ事ができるのは、夜勤専従で働く方法だと思います。
夜勤専従常勤で働けば、基本給も高いしボーナスもありますよね。
ボーナスが年2回で100万円とすると、月々の給料は40万円くらいでないと、年収600万円にはならないですよね。
夜勤専従だったら、いろいろな手当がつくので充分にクリアできると思います。

 

でも、高い給料を稼ぐ為には、それなりの看護師としての医療技術や知識、それに体力というのは必要になりますよね。
高い給料が欲しいと思ったら、まずは自分のスキルを高める事が先なのかもしれません。
自分のスキルに自信があれば、看護師求人情報サイトなどを利用して、給料アップ交渉をしてもらう事もできるし、
仕事を選択する幅が広がるのは事実です。
高い給料を稼ぐ為には、まず、看護師としてスキルアップする必要がありますね。

土日休みが取れない時

子育てをしているママさんナースにとっては、土日の休みというのはとても貴重であり、
できれば土日休みを取りたいと思うものです。
特に、子供がまだ小さいウチというのは、なるべく子供と一緒に過ごしたいですよね。
学校や保育園というのは、土日は休みですから、子供に合わせて週末は休みたいと思っている看護師は沢山います。
パートやバイトであれば、時間の融通が比較的に通りやすい為、土日に休む事は可能かもしれません。
しかし、常勤で働いているとなると、なかなか希望通りに休みを取る事はできません。

 

希望の休みが取りやすい、残業も少ないといったイメージから、福祉系の職場を選択する方が多いと思いますが、
必ずしも土日休みがとれるような環境であるとは限りません。
福祉系の職場の場合、看護師が不足している職場が多い事もあり、看護師が1人しかいないという所もあります。
そのような職場の場合、たとえ夜勤がなくても、急変などがあると1人で対応しなくてはいけませんし、
休みの希望もなかなか通りません。
たとえ土日に休みが取れたとしても、緊急時には出勤を強いられるケースもあります。

 

看護師という仕事をしている以上、常勤で働く場合には土日の出勤は覚悟する必要があるのかもしれません。
夜勤明けを利用して、上手にシフトを組んでもらい、毎週、土日のどちらかを休みにする、というのも一つの方法です。
看護師が多いからといって、希望の休みが通りやすいわけではありませんから、職場の雰囲気や、
シフトを作成している上司の理解によって、希望の休みが取りやすいかどうかが左右されます。
ママさんナースにとっては、子育てに理解のある職場で働く事イコール、仕事と家庭の両立ができる職場という事も言えます。

老健や老人ホームって急変が多いって本当?元気な患者さんが多いイメージなんだけど・・・。

老健に入所している利用者さんは、疾患により在宅で過ごすことが困難な方がほとんどです(´・Д・)」

 

老健で、在宅復帰するため、リハビリなどを行いながら生活しています。

 

老健には、理学療法士や作業療法士がいますから、充実したリハビリ訓練が行えるんです。

 

老健では、ドクターが常勤していますから、利用者さんの状態を見ながら、内服管理を行い、リハビリを行い、健康な状態を維持できるよう支援しています(*^_^*)

 

基本的には、体調が安定してからの入所ですが、基礎疾患がある方が多いですし、高齢者の方々です。

 

リスクは高く、いつ何時何があってもおかしくない方々ばかりなんです(・_・;

 

老健に多い脳梗塞後遺症の方々は、とくに再梗塞を起こすリスクが高いですね( ;´Д`)

 

それが命取りになることもありますから、予兆を見逃さないようしっかり観察する必要があります。

 

また、高齢者は免疫力も抵抗力も弱っています。
脱水も起こしやすいですし、肺炎も起こしやすいんです(´・Д・)」

 

ですが、症状を訴えることができなかったり、自覚症状が認識できなかったりします。

 

そうなると、突然の急変が起こり、命取りになる危険が伴います( ;´Д`)

 

また、高齢者にとって便秘も要注意ですね。
突然の嘔吐、レベル低下があった時は、イレウスを疑わなくてはなりません。

 

そんなことから急変することは少なくないのです。

 

日頃は元気な利用者さんたちですが、ちょっとした異変から大きな急変につながります。

 

 

突然の心停止などもありますし、油断はできませんね( ;´Д`)

 

老健など介護施設での看護師は、病院より楽な仕事ではあります。

 

しかし、こういった異変に早期に気づき、早期に対処できる知識や技術を持ち合わせる事が要求されますね(´・Д・)」